葉酸サプリが血管若返りに効果あり?

血管若返りに葉酸サプリが効果的って話の真実
妊娠中の女性に効果のあるサプリメントとして有名な「葉酸」ですが、この葉酸の成分に、妊娠に効くという成分以外の効果があることをご存知ですか?

 

それは、「血管を若返らせる」という成分なんです。

 

従来は、葉酸イコール妊娠、というのが常識でしたが、血管を若返らせてくれるなら、女性だけではなく、男性も積極的に摂取したくなりますよね。

 

さて、それではまず、血管の老化と葉酸の効果について、詳しく見て行きましょう。

 

血管の老化について

血管は人間に欠かせないもので、あって当たり前の臓器のひとつでありますが、だからこそ、人間が年を経るに比例して、血管も老化していくのが当然なわけです。
血管は、日々さりげなく私たちの身体を流れていますが、つまりは、365日休むことなく働き続けてくれているのですね。
ですから、身体全体を流すための圧力も半端ないわけです。

 

血管を老化に導く原因はいくつかありますが、中でも、代謝を低下させてしまう悪い成分を持っているホモシステインに注目してみましょう。

 

血管老化の原因ホモシステイン

ホモシステインと聞いても、あまりピンとこない方も多いでしょう。
しかし、活性酸素が悪いというのは、テレビなどで何となく耳にしたことがあるかもしれません。

 

活性酸素が増える原因は、このホモシステインも大きな原因なのです。ホモシステインの濃度が上がれば上がるほど、悪い活性酸素が増えてしまうのです。

 

では、活性酸素が増えたらどうなるの?ということなんですが、シミや肌荒れの原因となるばかりでなく、死に至るやもしれない怖い病気を引き起こしてしまうので、注意しなければなりません。

 

血管は元来柔軟で、弾力性も持っています。
しかし、活性酸素が増えると、血管が硬くなり、さらには高血圧や動脈硬化を引き起こすのです。

 

また、傷ついた血管をブロックしてくれる働きを持つ血小板や赤血球が、過剰に血管をブロックしてしまうと、脳梗塞を引き起こすこともあるのです。怖いですね。

 

血管をサラサラにするために、玉ねぎを食べたりしている方もいらっしゃるかと思いますが、日々知らない間に増えている活性酸素を取り除くためにも、血液サラサラにする意識をもつことは重要なんですね。

 

葉酸がホモシステインに与える影響

血管若返りに葉酸サプリが効果的って話の真実
では葉酸の効果とは一体どんなものでしょうか。

 

まず、ホモシステインが体内で増えすぎないよう、うまく調整し、元の成分に戻してくれる働きをします。
葉酸はビタミンB群の仲間であるため、このビタミンBが身体の調子を整える役割をしてくれるのです。

 

つまり、ホモシステインが増えないようにすることで、血管を若返らせることにつながるわけですね!

 

血管若返りで見た目も若返る

ここまで、活性酸素やホモシステインの悪い要素と、それらに良い作用を与える葉酸について見てきましたが、最後にもう一つ。
血管が若返ると、病気にならないだけではなく、見た目の年齢も若返ることができるんです。

 

特に、女性には嬉しい効果ですよね。最近テレビの健康番組によく出演されている南雲先生は、実年齢が50代に関わらず、血管年齢は何と!20代だということですよ。血管をキレイにしてくれる葉酸、老若男女問わず、皆さん、積極的に摂取していきましょう!
40種類以上の葉酸サプリを成分と価格別にまとめて表にしているサイト→http://xn--5-g8txdtgsa4uoimf3192aobufzk4a.jp/

 

 

妊娠したらやっぱり葉酸が必要?

葉酸サプリを妊娠中に飲んでいるプレママに悩みを聞いてみました。
血管若返りに葉酸サプリが効果的って話の真実

 

23週目で子宮頚ハ無力症と伝えられ、妊娠24週目で子宮頸管を縫宿する手術をし、自宅安静の中妊娠34週目に入りました。

 

いわゆる正産期まで日はありますが赤ちゃんも2000グラムになるまで成長してくれて、まだ早産のリスクが消えたわけではないですが、産休をもらい、穏やかに過ごさせてもらっています。ネットを見ていると同じく切迫早産や頸管縫宿術を経験された方のお話で勇気付けられています。

 

このまま日々穏やかに元気な赤ちゃんを産めるよう、後少ししかない妊娠期間を楽しみたいと思います。私はアラフォーという比較的高齢での出産だったので、病院の先生方や先輩のママさんからも色々教えていただきました。少し体重が基準より重くなっていたので、まずは体重管理に注意するよう言われました。

 

食べづわりで20キロ増加

しかしあいにく、食べていないと気持ちが悪くなる、いわゆる「食べづわり」だったので、一日中何かしら口にしている状態でした。
すると体重はすぐに20キロ近く増えてしまい、足はむくみますし、妊娠中毒で入院寸前までになってしまった、ダメダメ妊婦でした。

 

でも、産気づいてからは1時間足らずで産まれたので、最終的には及第点の妊婦だと自負しています。妊娠中で一番大切なことはストレスフリーに過ごすことです。でもつわりなどの症状で気分が落ち込んだり、体が思うようにいかないので怒りっぽくなりがちです。そんな気分を忘れるために、好きなものを食べに行ったり、赤ちゃんのグッツを見ながらショッピングしたり、晴れてる時はお散歩したりして体に負担が掛からないくらいに外出して気分転換することがよいです。

 

妊娠時期は元気だと思っていても、体は疲れやすくなっています。

 

私は母子ともに問題もなかったので安定期に入ってから何度か旅行に行きましたが、妊娠前とは違いました。うっかり歩きすぎてしまうとお腹が固く張ってきてしまうため、こまめに休憩を挟みつつ、いつもよりマイペースに過ごしました。また、旅行の事を医師に相談すると日帰りよりも宿泊を勧められました。

 

葉酸サプリと共に妊娠製予防クリームも必須

妊娠線が付かないようにするには太りすぎないようにする他に、妊娠線を防ぐクリームを塗るのがよいと言われています。
クリームを塗る際にあわせてちゃんとマッサージをすることも重要です。

 

理由はマッサージをして脂肪を柔らかくする事によって妊娠線が出づらくすることも重要です。
マッサージにはたっぷりの予防クリームを手の上で馴染ませ、縦にも横にもマッサージをするのがポイントです。
なお、掴める部位は掴んだうえで揉んでおくことも忘れないように。妊娠している間はホルモンバランスの関係で、精神的に不安な状態に陥りやすく、意識してリラックスできる時間を作ることが大切です。

 

ですが、運動といい食事内容といい、妊婦さんにとって気を付けなければならない点が多く、結構大変ですよね。
思いきって、クラシック音楽鑑賞や読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

この期間に教養を付けておけば将来赤ちゃんにいろんなことを教えるために有効です。肩肘張らずにトライしてみませんか。私は妊娠している間に金属アレルギーになりました。妊娠初期に指にしていた結婚指輪の周辺が痒くなりだして、ちょっとおいておいたらかぶれたようになってきました。病院に行ってみたら、肌が敏感になって金属アレルギーみたいになっているとのことでした。それからは、指輪をすることを控えました。

 

 

妊娠期間中だけで、子供が生まれてからは状態は治まり、今は金属に皮膚がかぶれることはありません。
妊娠期間中は皮膚の感覚が鋭くなるようです。

 

2人出産経験があります。

 

 

一人目の時も二人目の時も早い段階で体調の変化を感じていたので、チェッカーで判定できる前回の生理から40〜45日後よりも前に妊娠が判明しました。
それで一人目も二人目も同じような妊娠生活をするかと思っていたのに正反対でした。

 

最初はつわりも酷いもので連日食べることができませんでした。

 

 

 

二人目の時は最初の1カ月ほどでつわりもなくのんびりと生活をしていたのに、切迫流産と切迫早産でどちらも短期とはいえ入院せざるを得ませんでした。妊娠はその時々で変わるものなので、身体の異変にはくれぐれも気をつけて素敵なマタニティライフにしてください。

 

 

 

妊娠中に意識すべき点はいくつかあります。

 

 

一年中、お腹をひやさないこと、重いものを持ったり、高い位置に置いてあるものに手を伸ばさないこと。

 

 

運動は適度な範囲にとどめ、全力疾走などはしないこと、早寝早起きをして生活リズムを整えること。

 

全部妊婦さんは誰もが注意されることだが、一番言ってもらってよかったと思うことはこれである。

 

産まれてくる赤ちゃんに、優しい言葉をかけ続けてあげること。優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、産んでからもこの言葉の重さを実感する毎日である妊娠線が付かないようにするには太り過ぎを避ける他に、妊娠線予防クリームが大事だとよくいわれていますよね。

 

 

 

さらにクリームを塗るときには、しっかりマッサージをするとより効果があります。

 

理由はマッサージをして脂肪を柔らかくする事によって少しでも妊娠線が出来ないようにすることも大切です。
マッサージの際はクリームを多めに手に取り、全体に伸ばしたあと、方向を変えながら塗り込んでいくのが効果的です。
なお、掴める部位は掴んだうえで揉んでおくことも忘れないように。